木曽路は奈良井宿と藪原宿を隔てる鳥居峠を訪ねたときに立ち寄った鉄塔です。
中部電力の鉄塔は回線名や番号の他にカタカナ3文字と数字の記号が付されているのが特徴です。
この鉄塔には敷地を測量した標識板が取り付けてあり、この記号がメッシュコードであることが判りました。おそらく地理的な意味を持っているものだと私は推測しています。

藪原方向が老番側で鉄塔間のスパンの関係で2連耐張碍子になっています。
また一体型の長幹碍子であることも特徴のひとつです。

2016年11月探訪

地図 >


中信木曽福島線 昭和48年3月建設
第八六号
中部電力株式会社
サヨイ002

 

 


標識板 中部電力株式会社所有土地

名称 77kV 中信木曽福島線No.86
メッシュ番号 サヨイ0002
用途 鉄塔敷地
所在 木曽郡木祖村大字藪原字夏山527-12
実測面積 56.25m2
地目 雑種地
測量年月 平成8年11月
縮尺 1:100
測量業者 中電長野工営株式会社

隣地土地所有者
地番 527-1
地目 山林
地積 63303m2
確認年月日
確認者署名印 藪原生産森林組合 組合長 岩原松男


関連:

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

Copyright (C) 2002- KEIZUKOBO All Rights Reserved.