送電鉄塔大雄線 No.32


東側(発電所側)から

大雄線32号鉄塔は内山発電所の脇にあり、管鋼で構成された重量感のある鉄塔です。特徴は内山線と南足柄線を併架している点で、これらの回線は内山発電所を起点としますが、それぞれ反対方向へ向かうため、大雄線を含め3回線を支持しているのはこの鉄塔だけです。大雄線自体は内山発電所を経由せず、No.33へ向かいます。また、南足柄線、内山線ともそれらを冠した名称の鉄塔はなく、全て大雄線に併架された形で扱われています。

 

地図(別窓)>>


南側から見上げた様子

 

 


大雄線No.32


東京電力 大雄線 32 昭和62年7月竣工 高さ60m

 

 


内山発電所変電設備 

左の茶色の鉄構は福沢線、続いて内山線2L、1L、南足柄線2L、1L


内山線2L

 


南足柄線2L


鉄塔最上部の回線札 大雄線


中段は内山線


最下層に南足柄線を併架


若番側の鉄塔

内川流域はのどかな水田風景が続きます。

 


関連:内山発電所 
   大雄線No.29
   大雄線No.33

HOME  >> 足柄平野の送電鉄塔  >> このページ