送電鉄塔 東桂線 No.2


東桂線は鹿留発電所を起点とし東桂変電所まで結ぶ1回線11kVの送電線で、主な送電先は富士急大月線と思われます。
東桂線No.3鉄塔は桜の名所である通称「水槽山」の中腹にあり、ここで直角に曲がりNo.4鉄塔と結んでいます。

Yahoo!地図(別窓)>>



東京電力 東桂線 No.3 

 


昭和53年8月竣工 高さ20m

画像処理した結果、現場で判読できなかった文字が浮かび上がった。


結界写真

中層の縁廻しの様子

No.4鉄塔まで200m超のスパンがあり、曲げモーメントを軽減するため腕金を両側に設け、中層を縁廻ししたものと思われます。

関連:

東桂線 No.2


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ