送電鉄塔 金子線 No.19


 


送電鉄塔金子線No.19は高さ23mと、この回線では標準的な仕様となっています。
特徴は東名高速道路を挟んだ対岸のNo.18と下流のNo.20を中継するに当たって、ここで大きく屈折する点にあります。

Yahoo!地図>>


金子線 No.19

 


東京電力 金子線 No19 昭和42年7月竣工 高さ23m



屈折の様子

外側が2回線です。


結界写真

写真右手が上流側となります。


OPGW光接続箱
 

対岸の神山に続く上流側の鉄塔群

関連:金子線No.20
   金子線No.7
   

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ