送電鉄塔 駒橋線 No.1

 

駒橋発電所を起点とする駒橋線は、明治40年(1907)に電力需要の高まった、東京へ長距離送電を目的とした歴史ある送電線で、当初は55kVで早稲田変電所とを結んでいました。

現在は66kV2回線で運用されています。

 

 


駒橋線No.1

東京電力 駒橋線 1  昭和40年12月 高さ22M


笛駒線No.131と駒橋線No.1(右)

 

関連:

   笛駒線No.131

   駒橋発電所
   駒橋発電所施設 発電用水槽


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ