地図を表示(別窓で開きます)

11 東京電力 明神線 No.15 平成6年6月竣工 60M
09 明神線 No.15 
10 塗装表記記録

施工者 株式会社 TCパワーライン

施行箇所 明神線 No.14号〜No.15号 上部航空塗装色

防錆塗装 下塗り ニューエポ21HBT/Dプライマー
     上塗り ニューウレタン21T/D上塗り

竣工 平成17年11月

08 ヤブ漕ぎを終えると

ヤブ漕ぎを終えると再び道が現れました。
目指す紅白鉄塔が見えてきました。

▲ 明神線 No.15号鉄塔 交差視でご覧ください。

 北駿線は比較的新しい送電線で、平成6年に竣工となったようです。新富士変電所を起点とし、明神線と鉄塔を共用し、ここで分岐します。終点は調べていませんが、三島方面です。最近、深良付近に新しく変電所ができたようで、ここを中継していきます。
 北駿線の鉄塔は景観に配慮してか、碍子(がいし)が通常の白いものではなく、こげ茶色のものが使用されています。せっかくの試みですが、本体が視認性の高い紅白の塗装になってしまいました。それまで塗装されていなかったものが、なぜ最近になって紅白になったのか、いきさつは不明ですが、これらは航空法の定めに従っています。

北駿線は新富士変電所を起点とし、送電鉄塔明神線に併架され、ここ明神線No.15で分岐します。
北駿線単独の鉄塔は何故かNo18から始まります。

関連;

明神線Np.14
北駿線No.26
西丹沢明神峠からのパノラマ(小山町を俯瞰) 

外部リンク (別窓で開きます)
航空法施行規則 (132条をクリックしてください)

航空法では高さ60M以上の物件は昼間障害標識(フラッシュのように閃光を放つ標識)か赤と白に7段で塗色する決まりがあります。
NEXT >>
<< PREV
HOME >> ランドマーク >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ