送電鉄塔 明神線 No.30

明神線No.30鉄塔は足柄峠へと続く県道のバス停「足柄古道入口」から南へ分岐する林道沿いにあります。ここは定山(じょうやま)という砦があった尾根で元の字は城山だったと考えられます。

 

 

 

懸垂碍子の明神線 No.30

 

夏草が生い茂っていましたが、かろうじて撮影できました。

No.31、No.32鉄塔を遠望

カテナリー曲線が美しい。

 

 

 


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ