小田原分岐線はJR東日本所有の回線で、二宮-湯河原線No.73から分岐し、小田原駅構内の小田原変電所へ送電しています。
東海道本線の小田原付近は昭和3年には電化されているため、この回線が昭和25年に建設されている理由は、湘南電車等の運行による電力需要の増加に伴うものと思われます。

2017年5月探訪

地図 >  (地形図の送電線の位置は間違っています)



小田原分岐 6号

66kVの回線であることが解ります。

 

 


小田原分岐線
 6
昭和25年5月建設 

 



結界写真

 


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

Copyright (C) 2002- KEIZUKOBO All Rights Reserved.