送電鉄塔 仙石線No.5-1, No.5-2


No.6鉄塔付近から遠望

仙石線No.6鉄塔から隣の鉄塔を見ると、何故か2基に分岐していることに気付きました。塔ノ峰へ向かうコースから外れた位置にあるため、体力的な理由から初回はスルーしましたが、2度目の探索時に立ち寄ってみました。

外部リンク:Yahoo!地図


左右に回線が分岐した5号鉄塔

4号鉄塔を見てみると、再び1基の鉄塔に合流しています。周囲の状況から考察するに、JRの送電線、西相模-沼津線と交差するため高さ方向の間隔を確保する必要があったと思われます。


仙石線 No.5-1

1回線側の鉄塔は5-1という枝番が付けられています。





東京電力 仙石線 5-1 昭和42年12月竣工 高さ16m

仙石線 No.5-2

2回線側の鉄塔は5-2という枝番が付けられています。高さ16mと低い構造になっています。




東京電力 仙石線 5-2 昭和42年12月竣工 高さ16m

関連:仙石線No.6 No16
   JR西相模-沼津線 No.27

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ